お知らせ

ホームページ形式での更新は中止し、不定期にブログ形式で更新していきます。
今までのホームページは、計算ファイルのダウンロード先として利用していきますが、掲載内容等は変更します。

よろしくお願いします。

仮設防護柵の検討Excelファイルバージョンアップ

ご無沙汰しております。
放置していますが、停止したわけではありませんので!

「斜面設計屋の独り言 Ver.2」のHP更新がソフトの関係で簡単にできなくなっています。
時間をかければできるのですが、それはボチボチと・・・

本題ですが、HPで紹介しています「仮設防護柵の検討Excelファイル」がバージョンアップしました
HPの内容はそのままですが、販売先のダウンロードファイルが更新されています

<更新内容>
・コンクリート連続基礎の検討を追加
・背面土圧を考慮しない場合の計算不能を解消


旧ファイル購入済の方の更新ファイルのダウンロード方法は以下の通りです。

<購入時のダウンロード先メールが残っている方>
そのリンク先より再ダウンロードをお願い致します。

<購入時のダウンロード先メールを紛失された方>
購入時のメールアドレスにて当方に連絡をお願い致します。
購入確認ができましたら、直接更新ファイルを送付いたします。

※ダウンロード先では、新旧のファイルがダウンロード出来るようになっております。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

落石対策便覧(平成29年12月)


先日申し込んでいました落石対策便覧がもう来ました。

rakuseki2018.jpg

中身は全然読んでません。

この時期に改訂はキツイですね。

「新基準に合わせろ」ということは無いでしょうが、「変更点を整理しろ」とは言われそうですね・・・

しばらく放置です。

まだ買えるみたいですので、皆さんも是非早く入手することをお勧めします。

ではまた。

新年あけましておめでとうございます


新年、あけましておめでとうございます!
毎度のことながら、長い間ご無沙汰しております。
2017年も何かと忙しく、なかなか更新できませんでした・・・
とはいえ、本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


2017年も色々とありました。
年末には遂に落石対策便覧が改訂になりました。
今現在購入は出来ませんが、予約ができます。
私は下記より予約しました。
参考にリンクを載せておきます。

東京官書普及株式会社(シビルBooks)


様々な出会いもありました。
貴重な意見を聞けて勉強になった1年だったと思います。

これからもボチボチとやっていきますので、よろしくお願いいたします。

落石対策便覧の改訂について(2017年)


ご無沙汰しております。
放置して申し訳ありません。
何かとバタバタしております。
バタバタですが、噂情報です。

去年ぐらいから、そろそろ落石対策便覧が改訂されるといわれつつ、延び延びになっていますよね。
やっと落石対策便覧の「改定案」に出会うことができました。

詳しくは分かりませんが、以下の内容が変わるみたいです。
※噂も入っていますので、実際自分の目で確かめてから判断してください。

・性能照査の追加
 →道路協会の改訂でお決まりの性能照査が追加されたっぽいです

・ポケット式落石防止網工の計算方法
 →日本道路協会に掲載されていた公式見解どおり

・ポケット式落石防止網工の支柱高の決め方
 →具体的に明記されているっぽです

・落石防護柵の柵高の決め方

 →どうやら選択肢が増えたっぽいです

全体的に見て、昔「道路土工 切土工・斜面安定工指針」が出たときのような衝撃は無いように思います。

最終的にどのような改訂になるかは分かりませんが、最低でも「道路土工 切土工・斜面安定工指針」に準拠しておけば問題なさそうな予感です。

予感ですので、どうか分かりませんが。

以上、参考にしてください。

本年もよろしくお願い致します


新年、明けましておめでとうございます。

かなりの長い間、ご無沙汰しております。
2016年は何かと忙しく、なかなか更新できませんでした。
色々とネタはあるのですが、じっくりと考える時間が無く、公開するレベルまで達していません。

2016年は、色々とありました。
熊本の地震災害をはじめ、土砂災害が全国で多発しました。
実は、我が家の裏山でも土砂崩れが発生して、避難勧告が出て一時避難していた次第です。
災害査定も色々携わりましたが、査定までに用意する資料のボリュームが年々増加してきています。
また、数量計算書がいつの間にか積算資料を作成するようになったりと・・・。
全ての作業においては、作業時間もなかなか頂けない状況です。
このようなことから、じっくりと物事を考える時間がなく、ミスが増えるという負のスパイラルです。
設計という仕事は、いつしか奉仕活動になりつつあります・・・。

悪い話ばかりでは無く、いい話も色々ありました。
一番は、仕事があるという幸せ。
また、何となく実感できてきた景気回復。
さらに、2016年は仕事の輪が広がってきて、情報を共有できる方が増えました。
そんなことから、相談出来る方も増えてきており、当方としても非常に嬉しい限りです。

2016年は色々と成長できた年であった気がします。
本年も更なる成長を遂げたいと考えております。
今年の目標は「プラス思考・ポジティブ思考」です。
グチグチ言ってもしょうがないですもんね。
全てが経験になるのですから、経験値が上がると考えていこうと思います。

これからもボチボチとやっていきますので、よろしくお願い致します。

プロフィール

斜面設計屋

Author:斜面設計屋
土木設計をしていますが、ほとんどが斜面対策設計です。
地すべり、崩壊、災害、落石、岩盤崩壊等々・・・
仕事をしていて思ったのですが、実務の参考になる書籍やサイトが無い!
ですので、私が体験談を書いてみることにしました。
私が書く事が正しいとは限りませんので、皆さんの自己判断で参考にいしてみてください。

現在は「アライズ設計事務所」という個人の設計事務所をやっておりますので、疑問点等がありましたら、遠慮無く相談ください。

検索フォーム

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。
その際は、メールアドレスや電話番号等の連絡先をお忘れなく。
連絡が入り次第こちらの連絡先を案内しますので、詳細な問い合わせはその連絡先よりお願いします
では、お気軽にどうぞ。


名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター